• ホーム
  • SNSを使って自分のサイトに流入させよう!

SNSを使って自分のサイトに流入させよう!

インターネット上には様々なSNSサービスが存在するので、それらの登録ユーザーを集約する形でWEBサイトの注目度を高くする必要があります。またSNSによっては動画や写真等利用用途が限定されているタイプも存在するので、サイトのコンテンツを適切な形で拡散させる事も重要です。

Instagramでは主に写真投稿がコンテンツの中心になっているので、WEBサイトのコンテンツの中で静止画に編集できる物を探して投稿する方法をお勧めします。またInstagram利用ユーザーの多くは、高画質静止画を投稿している傾向が強いので、編集時には解像度を大きくする等の特殊な作業が必要になる可能性がある事を留意しましょう。

Twitterは投稿する文字数が制限されていますが、静止画だけでなく条件付きで動画投稿もできるので、WEBサイトの宣伝に使えるメリットがあります。重要なのは興味をそそる宣伝文句を考える事で、あえて情報配信量を抑えて閲覧に興味が出るような心理状態にする事も重要です。同時にSNSの中で投稿に必要な時間が最も短いので、頻繁に更新して視聴者に親近感を持ってもらえるような工夫もTwitterでは積極的に使用していきましょう。

登録時には本名等のプライベート情報が必要という仕様上、最も運営の安定性が高い特徴がFacebookに存在します。その為商業行為をWEBサイトでやっている場合に最適なSNSで、Facebookの場合は電話番号も公開できる為、視聴者と親密な関係性になれるメリットがあります。よって直接の知り合いから閲覧ユーザーが流入してくる事が一番多い点がFacebookの特徴です。

トラフィックが一番大きくなるのがYouTubeの特徴で、動画投稿の形であれば文字のみの配信もできるので、拡散範囲は際限なく広くなります。その上サイト作成者が顔出し動画を発信していれば、視覚的な興味も促進できるので流入者の規模も大きくなります。またYouTubeは若年層の認知度も高いので、ゲーム等のサブカルチャーの情報を配信している方にとって最も効果のあるSNSサービスです。

各SNSにはユーザー同士の相互認知が積極的に行われており、ユーザー同士お勧めの閲覧コンテンツを紹介する事もあります。すると製作者が宣伝しなくても他人の紹介でその存在が伝達されていくので、全てのSNSに登録して注入ユーザーを増やす努力をしていく姿勢が重要です。その中でアクセス経路を分析して、最もトラフィックの多いコンテンツを積極的に提供してければ、さらなる人気サイトに成長する可能性があります。