• ホーム
  • ディスプレイの見過ぎ!?目の疲れにはアイマッサージャー

ディスプレイの見過ぎ!?目の疲れにはアイマッサージャー

色々なSNSサイトのロゴ

パソコンのディスプレイからは絶えずブルーライトが照射されているので、これが体に悪影響を与える可能性が医学界からも指摘されています。特に影響を過度に受けるのが目の疲れで、長時間ディスプレイに視点を向けていると視力低下に悩まされる事例が存在します。またブルーライトは体内時計を狂わせる危険性がある事も専門機関から発表されているので、長時間プレイする場合は適度な休憩を挟むべきです。

ディスプレイを長時間見る事による悪影響は、目が極度の緊張状態にさらされる事が主な要因です。ですのでそれを軽減する為に定期的なアイマッサージャーの装着がお勧めで、できれば温度調節ができるタイプを購入しましょう。人体を休める時には快適な温度が存在し、これを維持する事でブルーライトによる体の疲弊を解消できます。夏場は26度から28度、冬場は18度から21度で加えて湿度を50パーセント前後に維持すると、目の疲れが取れやすい環境になります。

目に空気圧を与えると疲労が回復する効果があるので、アイマッサージャーの選択は温度調節とエアによる圧力が別々に調整できる物をお勧めします。エアは空気圧だけでなく指圧を疑似的に体験できる物まで存在するので、自身が快感を得られる物を購入しましょう。価格は1万円くらいの物がお勧めで、この価格帯ならば湿度を維持したまま指圧できる物等目への圧力を臨機応変に変えられるタイプを購入できます。

人体は30歳を超えると眼精疲労の発生率が高くなり、睡眠を取っても簡単に解決できない体内環境になります。この状態を解消するにはリラックスした状態で睡眠を取る事が重要なので、眼精疲労が発生しやすくなっている体質の方は必ずアイマッサージャーをして睡眠を取ってください。さらに円滑に眼精疲労を治療するには音楽によるリラクゼーション効果が最適で、2万円程のアイマッサージャーにはヒーリングミュージックの再生システムも搭載されています。複数の音楽を切り替えながら使えるタイプもあるので、熟睡できる環境に聴覚からもアプローチしていく事が重要です。

ブルーライトの影響は黄斑変性症を発症する可能性が指摘されており、発症すると視力低下だけでなく失明の危険性もある事が分かっています。脳からの信号伝達物質が極端に少なくなっている状態なので、目だけでなく脳を含めた体全体を休める必要性があります。ですので視力低下する前にアイマッサージャーを装着して、適度に目の疲れを取り除いていく姿勢を大事にしてください。