• ホーム
  • オンラインゲームをするならネット環境はWi-Fiよりも有線が良い

オンラインゲームをするならネット環境はWi-Fiよりも有線が良い

オンラインゲームでは、他のユーザーと一緒にゲームをプレイする仕様上安定性の高いネット環境が必要です。Wi-Fi接続でもゲームプレイはできますが、接続エラーを頻発する事態も想定され、ストレス無く快適なプレイ環境を用意できるまでには至りません。そして頻繁な接続エラーは一緒にプレイしている他のオンラインゲームユーザーにも迷惑が掛かるので、光回線のネット環境の用意を強くお勧めします。

オンラインゲームは多くのデータ通信を行うので、Wi-Fi接続の月額利用になると膨大な通信費用を請求される可能性があります。ですので接続費用を節約する為にも有線の光回線で契約し、安定性の高いネット環境を用意してください。

高画質の映像やテクスチャが使用されていると、その分だけ必要とされる通信量も多くなります。その為ネット環境の速度が高水準になっていないと、ゲームを読み込むまでに膨大な時間が掛かる可能性があります。加えて大人数でプレイする事を想定したオンラインゲームの場合、他人が操作しているキャラクターの読み込みも必要なので、プレイ人数の増加と比例した快適な有線接続の存在が重要です。

ネット環境を光回線で契約する場合、集合住宅と戸建住宅で接続する環境に違いがあります。集合住宅の場合は一つの有線接続を複数の家庭に割り振るので、速度がある程度控えめになっていますが、月額料金が安めに設定されているメリットがあります。一方戸建住宅の場合は一つの有線接続を独占的に使用できるので、回線速度がストレスになる事がありません。ただし双方共にネット環境を統括している通信基地局との距離で速度が減衰する可能性もある為、どの程度の速度が出るかを調べてから契約しましょう。

Wi-Fiでオンラインゲームのネット環境を用意する場合、有線接続とは別に専用の機材を購入する必要があります。価格の安い物を購入する方法もありますが、その場合は通信の安定性がさらに不安定になる可能性も高いです。集合住宅の場合は他者の回線と競合する可能性も高く、その場合は周波数を変える必要がある不安定な状況が顕著になってきます。反対に高額な機材を購入しても、家族でネット環境を使用しているとWi-Fi接続は速度減衰が発生しやすいので、オンラインゲームの接続エラーに悩まされます。有線接続ではオンラインゲームのサーバー側にエラーが発生しない限り、接続エラーに悩まされる事は少ないのでストレス無く遊べるので、積極的に採用しましょう。